地震に強い家づくり3/13・コロニアルのメンテナンス

​田山建設で採用している屋根材で一番使われているのがケイミューのコロニアルグラッサです。

コロニアルというと色褪せが心配。とか10年で塗替えしなきゃダメですか?などの質問をされることが多い。


そこでコロニアルグラッサがどのような製品なのか調べてみました。

ちなみにコロニアルというのはケイミューという大手メーカーが販売している屋根材の名前で「スレート屋根」という種類なんですよ。


ケイミューのコロニアルグラッサは色褪せしにくい「無機三層構造」

 1層目が無機顔料を混合した「無機化粧層」

トップコートと同色の無機顔料を混合した着色セメント層が「無機化粧層」

有機顔料は粒が小さいため経年によりセメントの細孔から流出し色が退色していくのに対して無機顔料の粒はセメントの細孔より大きくセメント内に留めることができるので色感を保持し続けることが可能なのです。

 2層目は釉薬加工を施した「無機採石層」

細かい石にトップコートと同色の釉薬加工を施した無機採石を敷き詰めたのが「無機採石層」

ガラスの持つ耐蝕性や美しい色合い光沢を長期間維持することができる特徴を併せ持ち耐久性も優れています。

3層目は無機系塗膜「グラッサコート」

直接太陽の光を浴びるトップコート部分に採用されているのが、紫外線に強い無機系塗膜「グラッサコート」一般的な有機塗料とは違い分子間の結合エネルギーが紫外線エネルギーを上回っていて切れにくく色褪せを起こしにくい構造となっています。 

30年相当の耐候性試験でも色褪せが少ないことが確認されています。

たとえ表面の色が薄くなったり汚れがついた場合でも屋根材としての基本性能は変わりません!

なので再塗装は美観の維持向上を図りたいと思うときだけで大丈夫です。

なんにしても10年に一度の点検をすることが長持ちの秘訣ですね!

今日の田山建設

石岡市M様邸 地震に強いテクノストラクチャーの家新築工事

石岡市T様邸 地震に強いテクノストラクチャーの家新築工事

小美玉市T様邸 地縄張り

石岡市K様邸 修繕工事

今日のたやまんぷく

高級カステラ(文明堂)

地震に強い家づくり3/14・モデルハウスお引渡し
地震に強い家づくり3/12・新聞記者が・・・

Related Posts

To top
〒311-3404
茨城県小美玉市飯前1376-9
TEL:0299-37-3465
FAX:0299-37-3467
新築やリフォームに関するご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
尚、ご返信にはお時間を頂く場合がございますので、予めご了承下さい。