By accepting you will be accessing a service provided by a third-party external to https://tayamakensetsu.co.jp/

許容応力度計算の耐震等級3だから安心です

茨城県小美玉市を中心に地震に強い家をつくっている田山建設です。

どれだけ地震に強いのかというと、構造計算(許容応力度計算)で耐震等級3だから。


許容応力度計算は2階建て以下の木造住宅には義務付けられていません。

国が義務付けていないなら建築基準法をクリアしてれば問題ないでしょと思うかもしれません。

でも、建築基準法って実は国が決めた最低限の基準なんです。

最低限なんですよ。

建築基準法を守っていれば安心というわけじゃないんです。


そして耐震等級3も許容応力度計算と壁量計算という2種類があって許容応力度計算の方が信頼性が高いんです。

長期優良住宅も耐震等級3も許容応力度計算をしなくても取れます。

ということは、時間とお金のかかる許容応力度計算はしないという会社の方が多いでしょうね。


ではなぜ田山建設がすべての建物に許容応力度計算をすることができるのか。

それはパナソニックのテクノストラクチャー工法だから。

パナソニックが設定した厳しい基準の許容応力度計算をクリアすることがテクノストラクチャー工法の決まりなのです。


というわけで、田山建設が地震に強いのは許容応力度計算で耐震等級3をとっているからなんですよ。


2階建て以下の木造住宅で許容応力度計算をしているお家ってどれぐらいあるのかな。

きっとあんまりないんだろうな。


ここ差別化のポイントだよね。

もっと発信しなくちゃ。

磁石がつくボードが便利なんですよ!
地元工務店がハウスメーカーに負けない家建ててるって!

関連する投稿

To top

〒311-3404
茨城県小美玉市飯前1376-179
TEL:0299-37-3465
FAX:0299-37-3467

新築やリフォームに関するご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
尚、ご返信にはお時間を頂く場合がございますので、予めご了承下さい。